ミニチュアの家

空室対策を行う|利益を得るための情報サイト

空室が生じた場合の対応

入居者募集中

空室対策を行う場合には三段階があります。初めに広告などのソフト面での対策、次に設備投資などのハード面での対策、そして最終手段として家賃の引き下げなどの入居条件の緩和です。将来収支に影響があるため、慎重に検討する必要があります。

More Detail

マンション経営のポイント

作り物の物件

マンション経営を行っていく場合には、まずは空室が生じないような維持管理を行っていくことが大切です。その上で、空室が生じた場合に、早期解消に向けた様々な空室対策を適切に図っていくことが重要なポイントです。

More Detail

空室が生じた場合の対策

おもちゃの住宅

マンション経営を行う場合には、空室対策を行うことが重要です。どんなに人気のある物件であっても、必ず空室状態は生じますので、その時にどのような対策をとるかが大切です。安易に入居条件の緩和を行わないようにしなければなりません。

More Detail

空室を埋める方法

ドア

リフォームの実施

マンション経営において一般的に行われる空室対策には、リフォームが挙げられます。様々な空室対策がある中で、リフォームを採用する人が多いのは、短期間で効果が見られるからです。空室は長く放置しておくと、その分だけ空室解消までの時間が長くなってしまいます。できるだけ早期解消を図ることが重要ですので、目に見える形での空室対策が人気があるのです。もちろん、リフォームを行うことで新たな費用が発生してしまいますので、その分だけ将来的な収支は悪化することになります。リフォームをしたからと言って家賃を引き上げるわけにはいきませんので、投資資金の回収期間が長くなることになります。それでも、リフォームによって新たな入居者に入ってもらうことができれば意味があります。

入居希望者のニーズ

空室対策としてリフォームを行う場合、重要なことは単に老朽化した部分をきれいにすればいいというものではないということです。新しくするだけであれば、近隣の新築物件にかなうはずがありません。空室が発生して、それを埋めるためにリフォームを行うわけですから、新たな入居者が入居を希望するような設備を設置することが重要になります。入居希望者が求める設備は、実際に入居希望者と接している不動産会社がもっとも理解していますので、不動産会社と連携してリフォームを行っていくことが重要です。ニーズに合った設備を設置することができれば、入居希望者が注目することは間違いありません。人気設備のリサーチと、その物件の設置が重要なポイントです。